堀内です。

喘ぎ喘ぎなんとか三回目です。

今回は「ガガガガガ(ブルルル)」について書きます。
この音はHalf-Lifeでゴードン・フリーマンがMP5を乱射してる音です。

ゲームをご存知ない方にはWikipediaでも読んでもらうとして、EAXやA3Dといった3Dサウンドシステムに対応しており、当時ゲームのためだけに自作PCをガチャガチャと組んで最適環境を目指してた身(引退済)としては、その努力に対する恩恵がダイレクトに感じられて感動したものです。

足音を聞いて敵の方角を認識できるといった利点以外にも、実銃系のリアルな発砲音がより臨場感が増し、没入感が半端ないゲームでした。

元々Quakeで「酔うから無理!」と諦めて以降、FPS系はやっていなかったのですが、Half-Lifeのかっちょいー導入部をはじめとした数々の優れた演出やストーリー惹かれて「これはやらねば!」と奮起、3D酔いで吐きながら(比喩ではなく本当に2回ほどリバース)脳を鍛錬し、ついにFPS耐性を身に付けることができた記念すべきタイトルなのです。以降カウンターストライク、デルタフォース、SWAT、アメリカンアーミー、バトルフィールド等々いろいろ手を出すことになります。まあ、下手の横好きなのでさっぱり勝てないので自然と離れて、最近はとんとやりませんけど。

だいぶ横道にそれました。

で、MP5を乱射するのが気持ちいいという話なのですけど、この「撃ってる感」が当時ダントツに好きでした。

リアルな銃声、反動で揺れる銃、一人称視点と3Dサウンドの没入感、異様に賢いAIの海兵隊との緊張感ある戦闘、かるい頭痛と胃のむかつき…そしてボンヤリしたゲーム脳状態で、ふと「あれ?このマウス振動機能ついてたっけ…なんか指先にトリガーを引いてる感触があるんですけど~…きもち~~」とかなりヤバイところまで行ってしまいました。

音、映像、操作性などすべて優れた上質なゲームは人をその世界に深く没入させ、錯覚までおこしてしまう。やっぱゲームってすげぇ!となったのであります。

じゃあ、それがわかったから自分たちで実践できるかというと、全然そんなことはなく、いろいろ工夫してみても、そこまでの境地にはなかなかたどり着きません。当然ですけど…やっぱり難しいです。でも、諦めません、よ。

四回目は、ネタを思いついたら書きます。このネタはいったん打ち切りです!

次週、今年最後の投稿ができるか!?乞うご期待。
(と、プレッシャーを自分にかける)