娯ログ(β)

ゲームデベロッパー 娯匠 公式ブログ

June 2011

ドライブ

 こんにちは、ぱんなこです。

 あぁ今年もあと半分なのか・・と思う時期ですね。

 ゲーム制作はパソコンの前から動かない仕事ですから休日くらいは体を動かしたいということで、デジカメを持ってドライブするようになりました。それでこの前は箱根に行ったのですが、記事に書いてと言われ・・(笑)

 話には聞いていたものの、初心者&軽自動車にはちょっと厳しい山道ばかりでした。
 峠なんかはバイクのツーリングが多かったですね。

DSC02212

 ひたすら上って着いた先は、山と芦ノ湖を一望できる大観山(だいかんざん)。

DSC02195

 目の前にドーンと富士山が見えます。肉眼ではもっと綺麗に見えてましたよ。芦ノ湖の海賊船は遠足で乗ったことがあるのですが風がとても気持ちいいのです!当時を思い出してまた乗りたかったのですが、時間の関係で割愛。まだ6月なので遠くまで見渡すことができませんが、なかなかのものですね~。

DSC02255

 ここは大涌谷(おおわくだに)という箱根火山の噴煙地です。修学旅行や遠足で来た方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。団体含め結構人がいました。すごくイオウ臭が立ち込めております。ここの地熱で作った名物「黒たまご」を食べると1個につき7年寿命が延びるとかなんとか・・たまごを作ってるすぐ側で猫が気持ちよさそうに寝ていたのですが、臭くないんだろうか?

DSC02246

 これはなんかの資料にならないかなーと思って撮ったものです。かなり巨大です。


 他のスタッフも休暇を利用して箱根や京都に行ったよーという話を聞きました。こうして自然に触れるのはリフレッシュにもなるのでいろんな場所に行ってみたいですね!車で行けるこんなオススメスポットあるよ~って方は教えてください。初心者なので関東圏しか行けませんが(笑)

 次行くときは温泉に入りたいなぁ

 それでは、この辺で。

E3雑感

 大変、大変お久しぶりです。堀内です。いろいろドタバタしておりすっかり更新が滞っております…

 今年もE3が終わり、その余韻に浸っている今日この頃です(といっても現地に行ったわけではなく主にWEB記事を見ていただけですけれども)。

 個人的には「海外AAAタイトルがまた一つ上の階層にいったな…」という印象がとても強いです。去年あたりでPS3、360も技術的な成熟を迎えて「だいたいこのあたりが現状の据え置き機の天井かな?」と思っていた閾値を軒並みポンっと超えてきて「まだまだ上に行けたのか」という、そんな気持ちです。

 とくにボリューム感を感じさせる大量なパーティクルと、より自然なキャラクターアニメーションがあらゆるタイトルに組み込まれてきたと思います。後者は自分が特に興味を持っている分野なので「ついに…!」と焦りを隠せません。

 ビデオゲームにおけるリアルタイム3Dグラフィクスの成長曲線は相変わらず恐ろしく右肩上がりですが、それと比較してキャラクターアニメーションの成長曲線は緩やかだったと思っていたのです(一部例外的に突出したモノはありましたが)。

 けれどもここ最近は、先駆者が確率した方法論が広く浸透してきたのでしょうか。二の次に置いとかれていたこの分野にも多くのプロジェクトで本気を出してパワーを注ぐようになってきたと見受けられます。インゲームでプレイヤーが操作しているキャラクタが、シームレスにシチュエーションにあわせた"演技"をする様子は、ゲームのルールにはなんら関係がなくとも没入感を高める演出としてやはり大変効果的だと実感しました。

 ユーザー視点で「いいね、いいね~」と思う反面、開発者視点で「やばい、やばい!」とひとしきり騒いだあと、冷静になって「やはり我々はこの規模でできる最適な攻め場所を定めてひたすら尖らないとな」と本来の立ち位置を再確認する次第です。困難な道程ですが常に挑戦者の姿勢でゲーム開発に取り組んで参ります。
記事検索
livedoor プロフィール
最新コメント