娯ログ(β)

ゲームデベロッパー 娯匠 公式ブログ

誰が言ったか知らないが‥

 株式会社トーユー・キネマテック 平田です。

 先日、空耳アワーを観ていたら、われらがチタシチーナこと佐藤かおりさん(既にネットで名前が出てるから問題ないよね?)が出演していらっしゃいました!空耳役者です。

 すごかった!巨乳レースでプルンプルンしてました!ぜひ、全力坂(深夜にやってる「この坂も、実に走りたくなる坂である。」ってナレーションの番組)にも出てほしい…

 以下、エロ自重。

 さて、僕はPS2の前作も参加しているのですが、今回担当した部分では、DLCシステムが印象に残っています。

 まず、ミッションとして、「湯水のようにDLCを使う」「プレイヤーにとって空気のような存在」というのを目指し、基本的に何でもDLCに出来ちゃうんじゃないかというような仕組み造りに取り組みました。

 ところが、それだけであればスムーズに済んだはずなのですが、現実には、DLCをダウンロードしていない人のPSPでの対策の都合などがあって、ゲームプログラムのほぼ全体を把握して、DLCが使われた場合に問題が出そうな部分を適宜修正しなければならないなど、DLCの仕組み以外にも手を付けなければならない部分が多々あり、思った以上に手間がかかりました。

 空気のような存在として、決して目立つわけではないけれど、プレイヤーの皆さんに楽しんでいただけたのであれば、ミッション達成です。

 DLC、思う存分楽しんでいただけましたでしょうか?

血湧き肉躍る曲

 PSP『剣闘士 グラディエータービギンズ』にてBGMを担当した柳川剛です。

 BGMと一口に言っても、ゲームによって実に様々なアプローチがあります。プレイヤーの皆さんが血沸き肉踊るアクションに没頭して頂くのはもちろん外せない大事な要素ですが、今作ではもう一つ、世界観──ローマの息吹を肌で感じて頂くことを念頭に制作しています。

 舞台は栄華を極めたローマ帝国。

 数ある歴史ものの中でも、他の追随を許さないであろう壮大なスケールを持ち、『スパルタクス』『グラディエイター』『スリーハンドレッド』など、映画でも度々題材として取り上げられる、血なま臭くもドラマチックな物語の数々がそこには眠っています。

 数千年の時を遡り、プレイヤーの皆さんをいかにして「そこ」へ誘うか。

 今回、オーケストラサウンドを中心にスケール感、重厚さを出し、中近東を中心とした様々な民族楽器を用いることで、PSPの画面の中から「ローマの息吹」を感じられるよう、音楽面からサポートさせて頂きました。

 剣。   槍。   盾。   鎧。

 戦いとは「肉と肉のぶつかり合い」であり、己の五体が、血と肉こそが、真実だった時代。そのことを意識しながらプレイして頂くと、また違った楽しみ方が見つかるかもしれません。

 柳川 剛 拝
 http://www.az-sound.net/



 今回は新曲を担当して頂いた、柳川剛さんから届きましたコメントを掲載いたしました!また特別に掲載許可をいただいたので、新曲の中から2曲ほどご紹介いたします。

  ♪『剣闘士 グラディエータービギンズ』BGM 1 - デュエル
  ♪『剣闘士 グラディエータービギンズ』BGM 2 - ラストバトル

血湧き肉躍る音

 堀内です。

 遅くなってしまいましたが、以前Twitterで“サウンド関係をネタに”と、ご提案がありましたので、そのあたりを書いてみたいと思います。

 Gladiator RtF プロジェクトは「そのまま海外で通用するものを」というテーマが根本にあり、手っ取り早くそのテイストを得るためにアメリカの制作会社に発注しました(今では、日本でも優れた人物に頼めば、その点は何ら問題ないということがわかっているのですが、会社立ち上げ当時は繋がりも少なく手探りな状態でした…)。

 剣で斬った音ひとつとっても、ありがちな時代劇の効果音のようなモノではなく、生々しく痛みを感じるモノを目指したいという熱い気持ちを伝えたところ、発注先では自宅兼スタジオにて実際に金属をガンガン叩いたり、生肉を斬りつけたりして収録してくれたようです。その甲斐あってイイカンジの音が揃ったのではないかと思っています。

 こちらです。 ヒットSE1(金属) ヒットSE2(斬撃) ヒットSE3(打撃)

 BGMでは「マゲリウス訓練所」の曲のピョロロ~という笛の音が妙に耳に残り、開発中は多くのスタッフの脳内で無限ループするはめに陥った記憶が…(この曲とともに訓練士の「おぅら~い」という掛け声も社内でえらく流行りました)。

 さて、今回のPSP版でも時代背景はほぼ一緒ということもあり、引き続き前作のデータを使うことになったのですが、それだけではさすがに寂しいので何点か絞って追加することを決め、その制作は AZ SOUND (アズ・サウンド) 柳川 剛 さんにお願いしました。

 前作の曲と入り交じってしまうことになるため、ある程度イメージを踏襲しながら…という難しい要求に答えて頂きながらも、とても雰囲気のある格好良い楽曲が徐々に追加されていき、開発中は「お~今度の曲はこうきたか~」とたいへん刺激的でした。

 次回はその柳川さんに記事をお願いしましたので、お楽しみに!
記事検索
プロフィール

有限会社 娯匠

最新コメント